「Limit Login Attempts Reloaded」の導入でWordPressのログインの試行回数を制限する

WordPressの乗っ取り行為を防ぐために、今回はログイン試行回数を制限するプラグインの紹介です。
お手軽にハッキングを防ぐプラグイン「Limit Login Attempts Reloaded」の導入と設定を解説していきます。

Limit Login Attempts Reloadedの導入

WordPressのダッシュボードにアクセスして、「プラグイン」‐「新規追加」から”Limit Login Attempts Reloaded”で検索します。
みつかったらインストールして有効化してください。

Limit Login Attempts Reloadedの設定

Limit Login Attempts Reloadedの設定はサイドバーの「設定」>「Limit Login Attempts」からおこないます。

Limit Login Attemptsの設定画面にて、『設定』タブにいきます。

GDPR準拠

GDPR(EU一般データ保護規則)に準拠して、下の「GDPR message」をログインページに表示するかどうかの設定です。
チェックを入れておきましょう。

ロック通知

設定した回数ロックがかかるとメールで通知するかどうかの設定です。
前の枠にはメールアドレス、後ろには通知するロックの条件(数)を入力します。
設定しておきましょう。

その他の設定

他にも細かい設定ができますので、環境にあった設定をしてみてください。

ロックする条件や、ブロックリスト等、環境にあった設定をするとよりいいと思います。

Limit Login Attempts Reloadedこんな人におすすめ

  • ワードプレスの乗っ取り対策を費用をかけずにしたい
  • 特定のIPからのログインを制限したい

無料でインストールできますので、もし興味をもたれたら一度試してみてはいかがでしょうか。

サイト制作からカスタマイズ・障害復旧まで対応

WEBサイト制作から運用・障害復旧まで、ワンストップで提供可能です。

もちろん、障害復旧のみのご依頼もお受けしておりますので、是非お気軽にご相談下さい。

このサイトをフォローする!