WordPressでお問い合わせフォームを作成するならContactForm7

WordPressでWEBサイトを作成する際、お問い合わせフォームのページを作りたい場面って多々あるかとおもいます。

弊社では主にWordpressプラグインのContact Form 7を導入することが多いのですが、今日はContact Form 7について記載してみようかと思います。

Contact Form 7について

Contact Form 7 は複数のコンタクトフォームを管理でき、その上フォームとメールの内容を簡単なマークアップで柔軟にカスタマイズしたりもできます。

Ajax によるフォーム送信、CAPTCHA、Akismet スパムフィルタリング等々をサポートしています。

Contact Form 7の開発者

Contact Form 7の開発者は日本人の「Takayuki Miyoshi」さんという方です。

日本語(もちろん英語も)のドキュメントも見やすく、世界的にも使用されているユーザーがとても多いので、カスタマイズ情報等がWEB上豊富にそろっています。

個人的にはWordpressプラグインの中でも安心感があって好きなプラグインの一つです。

ダウンロード方法

以下のURLからダウンロード可能です。

使い方や FAQ などがシンプルで見やすくすごく助かります。

また、Wordpress管理画面のプラグイン追加から検索してインストールすることもできます。

Contact Form 7の設定

初期設定については公式ドキュメントがわかりやすいので、一読すればシンプルなメールフォームはすぐできるかと思います。

デザイン等のカスタマイズも、インターネット上に情報がたくさんありますので、手を加えたい方は調べてみるといいかと思います。

Contact Form 7にreCAPTCHAの導入(迷惑メール対策)

Contact Form 7 の reCAPTCHA インテグレーションモジュールを使えば、スパムボットによる不正なフォーム送信を遮断できます。

特に追加でreCAPTCHA用のプラグインが必要というわけではなく、Contact Form 7の標準機能として存在します。

reCAPTCHA API の現在の最新バージョンは v3 です。

以下の公式ドキュメントに沿って設定するといいでしょう。

https://contactform7.com/ja/recaptcha/

Contact Form 7に送信されたメッセージをデータベースに保存

Flamingoという連携用プラグインを使えば、コンタクトフォームから送信されたメッセージをデータベースに保存できます。

メールで受信した後に問い合わせ内容等の一覧を確認したい時などに便利ですので、ニーズに合う方は設定してみるといいでしょう。

■Flamingo

https://ja.wordpress.org/plugins/flamingo/

ちなみに、Contact Form 7の開発者の Takayuki Miyoshi さんがこちらも開発されています。

まとめ

ささっと紹介してみましたがいかがだったでしょうか。

問合せフォームページを作りたかったけど作り方がわからなかった方等、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

シンプルで使いやすいので、おすすめです。

このサイトをフォローする!