BrokenLinkCheckerでリンク切れURLの確認(WordPressプラグイン)

WordPressの構築を行う際、弊社ではサイトのリンク切れの確認にBrokenLinkCheckerというWordpressプラグインを使用することが多いです。

今日はそのBrokenLinkCheckerの紹介です。

Broken Link Checkerとは

Broken Link Checker はサイト内の内部リンクと外部リンクをすべて監視およびテストして、リンク切れを見つけます。問題のあるリンクを修正して SEO とユーザー体験を改善するのに役立ちます。

https://ja.wordpress.org/plugins/broken-link-checker/

Broken Link Checkerの機能

投稿、固定ページ、コメント、リンク (blogroll) 内の外部リンクと内部リンクを監視します。
オプションでカスタムフィールド内も監視できます。

検知 – リンク切れ、なくなった画像、リダイレクトを見つけます。

ダッシュボードまたはメールで通知します。

投稿を表示するときリンクエラーの外見を変更できます (オプション)。

検索エンジンがリンクエラーを避けるようにできます (オプション)。

フィルタ – URL やアンカーテキストなどでリンクを検索したり絞り込み表示したりできます。

投稿編集画面を使わずに、プラグインのページでリンクを直接編集できます。

https://ja.wordpress.org/plugins/broken-link-checker/

なぜリンク切れがダメなのか?

そもそもですが、リンク切れとは要するに「このページは見つかりませんでした」っていう表示の事です。

本来別のページに飛ぶはずなのに、何らかの理由からアクセスできない。。

これをリンク切れと言います。

リンク切れがあると、ホームページにアクセスしたユーザーは使いにくいと思うのは当然ですし、実はSEOにも関係してくる問題だったりもします。

要はリンク切れがあるということは、「長い間ホームページの管理を怠っている」という風にグーグルに考えられてしまうようなのです。

なので、更新をしていないホームページ = あまり重要ではないホームページ

と判断を下されてしまうことになる可能性もあるのです。

もちろんこれが検索順位やSEOに多大な影響を与えるかどうかは公表されていないはずですが、これもSEOの1つの要素ですね。

Broken Link Checkerのようなプラグインでリンク切れのページが無いか確認しておくことで、ご自身のホームページを守ることが出来るわけです。

Broken Link Checker インストール方法

WordPress管理画面のプラグイン追加からBroken Link Checkerと検索してインストールすることができます。

インストールして有効化が完了すると、リンク切れをチェックできるようになるので、ダッシュボードの「設定」から「Broken Link Checker」をクリックします。

自動でリンク切れのページを探してくれるので、暫くして結果がでれば、その結果に沿ってリンクの修正や削除をして下さい。

このサイトをフォローする!