Chrome をPC既定のウェブブラウザに設定する方法

Google Chrome をPC既定のウェブブラウザに設定する方法のご紹介です。

Google Chromeを使用しているのにPCデフォルトのブラウザになっていないためにストレスになっているかたもおられると思いますので、以下の設定をしてみてはいかがでしょうか。

Google Chromeのインストール

Google Chrome をパソコンにインストールしていない場合は、まず Chrome をダウンロードしてインストールします。

Chrome を既定のウェブブラウザに設定する

Windows 11

  1. パソコンのスタート メニュー  をクリックします。
  2. 設定  次の操作 [アプリ次の操作 [既定のアプリ] をクリックします。
  3. [アプリケーションの既定値を設定する] で、検索ボックスに「Chrome」と入力 次の操作 [Google Chrome] をクリックします。
  4. 上部の [Google Chrome を既定ブラウザーにする] の横にある [既定値に設定] をクリックします。
    • 変更が適切なファイル形式に適用されたか確かめるには、[既定値に設定] ボタンの下にあるリストを確認します。
  5. 終了するには、設定ウィンドウを閉じます。

Windows 10

  1. パソコンのスタート メニュー  をクリックします。
  2. 設定 設定 をクリックします。
  3. [既定のアプリ] を開きます。
    • 初期バージョンの場合: [システム] 次の操作 [既定のアプリ] をクリックします。
    • Creators Update の場合: [アプリ] 次の操作 [既定のアプリ] をクリックします。
  4. 画面下部の [Web ブラウザー] に表示されている現在のブラウザをクリックします(初期設定は Microsoft Edge です)。
  5. [アプリを選ぶ] ウィンドウで [Google Chrome] をクリックします。

Windows 8 以前

  1. パソコンのスタート メニュー  をクリックします。
  2. [コントロール パネル] をクリックします。
  3. [プログラム次の操作 [既定のプログラム次の操作 [既定のプログラムの設定] をクリックします。
  4. 左側で [Google Chrome] を選択します。
  5. [すべての項目に対し、既定のプログラムとして設定する] をクリックします。
  6. [OK] をクリックします。

Mac

  1. コンピュータで Chrome を開きます。
  2. 画面右上のその他アイコン その他 をクリックします。
  3. [設定] をクリックします。
  4. [既定のブラウザ] で [デフォルトに設定] をクリックします。
    • このボタンが表示されない場合は、Google Chrome が既定のブラウザとして設定済みです。

サイト制作からカスタマイズ・障害復旧まで対応

WEBサイト制作から運用・障害復旧まで、ワンストップで提供可能です。

もちろん、障害復旧のみのご依頼もお受けしておりますので、是非お気軽にご相談下さい。

このサイトをフォローする!