WinSCPで隠しファイルの表示方法

サーバのファイル転送等でWinSCPを利用中、リモートサーバーの隠しファイルを表示させたい時ってありますよね。
※WordPressの「.htaccess」等の名前の前に「.」がついているファイルが隠しファイルです。


というか、表示させないとデータ移行時に痛い目をみたりします汗

今回はWinSCPでリモートサーバーの隠しファイルを表示させる方法の紹介です。

WinSCPをダウンロードしたい方向けリンク

https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/winscp/

WinSCPでリモートサーバー上の隠しファイルを表示させる方法

WinSCPで隠しファイルを表示させる方法ですが、「環境設定」メニューから設定可能です。

  1. ログインダイアログの左下にある「ツール」から「環境設定」を選択してクリックします。
  2. 左側のツリービューから「パネル」を選択します。
  3. 右側に「一般」と書かれた項目から「隠しファイルを表示する(S)(Ctrl + Alt +H)」という項目にチェックを入れます。

これでWinSCPのリモートサーバーに隠しファイルが表示されます。
WordPressなどに接続し、.htaccessなどの隠しファイルが表示されていればOKです。

ところで、この設定項目の右側に 「Ctrl + Alt + H」と書かれていますね。
実はこのショートカットキーを入力することでも、隠しファイルの表示のオン/オフが切り替えられるようになっています。

サイト制作からカスタマイズ・障害復旧まで対応

WEBサイト制作から運用・障害復旧まで、ワンストップで提供可能です。

もちろん、障害復旧のみのご依頼もお受けしておりますので、是非お気軽にご相談下さい。

このサイトをフォローする!