Snipping Tool (Windowsのみ)で簡単に画面キャプチャをしてみよう

今回は、Snipping ToolというWindowsソフトを紹介します。
Windows Vista 以降OSに標準で搭載されているスクリーンショットキャプチャーツールです。

Snipping Toolを使えば、「Print Screenキー」→「ペイントに貼り付けて保存」という作業が必要なくなります。
Windowsユーザーは必見です。

対応OS

対応OSは、
Windows Vista/7/8/8.1/10/11

OS標準搭載の為、特にインストール作業は必要ありません。

使い方

起動方法

デスクトップの検索窓に「Snipping Tool」と入力すると出てきます。

または、以下の方法でも起動できます。

  1. スタートボタン
  2. Windowsアクセサリ
  3. Snipping Tool

キャプチャー方法

  1. 起動後に「新規作成」ボタンを押すと画面に白いもやがかかります。
  2. キャプチャしたい領域をドラッグしてみましょう。
    選択した画面だけ切り抜いて保存することができます。
  3. 「保存マーク」をクリックすれば保存されます。
    また、「編集」→「コピー」で、画像をコピーすることもできます。

遅延機能

Snipping Tool(スニッピング・ツール)の新規作成の右隣にある『遅延』をクリックすると待ち時間を選択できます。
キャプチャー選択するまでの遅延が発生するので、画面の切り替わり等を上手くキャプチャーできます。
最大遅延は5秒です。

Snipping Tool(スニッピング・ツール)まとめ

Snipping Toolには他にも便利な機能やショートカットが存在しますので、慣れてきたら色々調べてみると面白いと思います。

Webページの一部をプレゼン資料に使いたいとき、自分のメモ用に画面キャプチャを記録しておきたいとき等、いろいろなことに活用してみてください。

番外 Snipping Toolではないけどこんな小技も

「Alt」+「Print Screen」を押すと、 アクティブになっているウィンドウだけが画面キャプチャーされます。
場合によってはSnipping Toolより便利に使えるシーンもあるかもしれませんね。

サイト制作からカスタマイズ・障害復旧まで対応

WEBサイト制作から運用・障害復旧まで、ワンストップで提供可能です。

もちろん、障害復旧のみのご依頼もお受けしておりますので、是非お気軽にご相談下さい。

このサイトをフォローする!